FC2ブログ
P4230042VGA_qp_P4230042VGA.jpg

トップ  >  バイク  >  ステッカー貼ったよ。

2009年12月23日 ステッカー貼ったよ。



最近バイクのレストアをしていると、なんかレストアって言うより塗装屋に

なっちゃったような気持ちです。

紙やすりとワイヤーブラシで錆を落として、紙やすりで面を整え、

サフェーサ塗装して、また紙やすりでサフェーサ面を整えて、塗装とクリア

塗装 これしかしていないような気がします。

飽きるほど塗装ばかりしています。

でもこれを乗り越えないとこのバイクは私の鉄の馬になってくれないんで

しょうねえ!

今日は久々に塗装以外の作業です。

なんかいつもと違う作業にワクワクしたりしています。

先週郵送されてきたステッカー貼りです。


IMG_0911290257_qp.jpg
      < レストア前のガソリンタンクです >


ガソリンタンクの塗装を剥離する前に SPADA文字とHONDA文字の

位置を測っておきました。

最初にシートカウルのセンター部に黄色のHONDAステッカーを貼ります。

このステッカーは切り文字ではなく一枚物のステッカーですが、なんと

ステッカーの幅がセンターカウルの幅より5mmほど大きいのです。

文字幅がセンターカウルより少々小さかったのでステッカーの透明部分を

切り取り、さらに透明部の角部分を丸く切ってセンターカウルに

貼り付けました。

その上にクリア塗装して剥がれないようにして出来上がりです。

でもクリア塗装をちょっと厚く塗りすぎたので端の部分に垂れが出来

ちゃいました。

しかもクリア塗装でステッカーがちょっと溶け気味です。

おまけにステッカーの透明部分の端のラインが結構目立っちゃいます。

とりあえず1日おいて塗装の垂れ部分の乾き具合でどうするか決めることに

しました。


IMG_0912270409_qp.jpg
< ちょっとクリア塗装の垂れのあるセンターカウルです >


さあいよいよガソリンタンクにSPADAステッカーを貼ります。

最初に測っておいた寸法のところにマスキングテープを貼って、

マスキングテープに沿って上にSPADAステッカーを乗せて位置の感じを

見ます。

タンクの曲線ラインと合っているか、位置のバランスは、タンクの上面の

ラインと平行か?

マスキングテープを何回も貼りなおして、やっと納得の行く位置がでました。

SPADAステッカーをマスキングテープに沿って位置を決めてから、

テープでステッカーを仮止めしてから、ステッカーの裏の剥離シートを

少しづつ剥がして文字を指で押さえてタンクに貼り付けます。

同時に白線も指で押さえて貼っていきます。

空気の気泡が入らないように、白線は曲がりや折れが出ないように注意

しながらすべてを貼り付けます。

その後ステッカーの表の透明なシール部?をゆっくり剥がして貼り付けが

完了です。

次にSPADAステッカーの下3mmの位置にセンター合わせで黄色の

ステッカーを貼るのですが、シートカウルにHONDAステッカーを貼った

ときに目立ったステッカーの透明シール部の端が目立たないように、

HONDA文字ギリギリではさみで切り取りました。

HONDAステッカーを貼り付けてステッカー貼りは終わりです。

貼り付けたステッカーが剥がれにくいように上からクリア塗装をします。

ステッカーがクリア塗装で溶けないように薄く塗装を何回か塗り重ねます。

ギリギリでステッカーは溶けずにすみました。


IMG_0912270427_qp.jpg
   < どうですか? ステッカーを貼ったタンクは? >


IMG_0912270428_qp.jpg
          < 反対側からも見てね >


心配していたHONDAステッカーの透明シールの端部はほとんど気に

ならない程度になりました。

青のタンクに白のSPADA文字黄色のHONDA文字です。

でもまだガソリンタンクは完成ではないですよ。

最後に対油コーティングが残っています。

これは1週間塗装の乾燥をしてからガソリンタンクとタンクキャップを一緒に

耐油コーティングします。

でもガソリンタンクってすごく手間がかかりますねえ。

以前のSRX250ではここまでガソリンタンクに手間はかからなかったんで

予想外ですよ。

予想の2倍 いや3倍は手間がかかっています。







関連記事
スポンサーサイト



オイル抜き | トップページへ戻る | 青塗装しました

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る