FC2ブログ
P4230042VGA_qp_P4230042VGA.jpg

トップ  >  バイク  >  ブレーキディスク磨き

2009年11月24日 ブレーキディスク磨き


バイクのブレーキピストンは結構きれいに磨けましたが、ディスクが

錆で汚いですねえ。

ってことでブレーキディスクを外して磨いて、塗装してきれいにする

ことにしました。

レーシングスタンドでフロントを上げてフロントタイヤを外します。

フロントタイヤからブレーキディスクを外します。


IMG_0911220173_qp.jpg
        < ディスクの無いフトント周り >


IMG_0911220174_qp.jpg
        < ディスクを外したリア周り >


やっぱ錆だらけです。

金色の塗装の下から錆が浮います。

フロントタイヤの無いバイクってなんとも情けないもんですねえ!

今までフロントタイヤを外したことなかったんで、意外と簡単に外れて

拍子抜けでした。

ついでなんで後輪のブレーキディスクも外します。

レーシングスタンドが1つしかないんで、ディスクを外したフロント

タイヤを取付け戻します。

後輪のスイングアームにレーシングスタンドをかけて後輪を浮かせて

後輪を外します。

後輪は何回も外したことがあるんで取り外し作業は慣れていますので

簡単に外せました。

後輪からブレーキディスクを外します。


IMG_0911220175_qp.jpg
       < 外したフロントディスク 錆あり >
  

IMG_0911220176_qp.jpg
       < 外したリアディスク ちょっと錆あり >


その後後輪を取り付けてからバイクを押して物置にしまいます。

ひでちぃの物置は狭いんで物置の中でレーシングスタンドでバイクを

上げることができないので、バイクを上げるたびにバイクは物置から

外に出さなければなりません。

前輪のディスクは完全に金色の塗装を落としてから再塗装が必要です。

後輪のディスクはあんまり錆びていませんが、つや消し黒の部分が

ちょっと錆び始めているんで、前輪のディスクの塗装落としと一緒に

塗装落としすることにしました。

ディスクグラインダーに真鍮のカップブラシを取り付けてから塗装部分を

磨いて塗装を落とします。

前輪、後輪とも意外と簡単に塗装が落ちました。

錆落しのときにディスクの最外周とパッドの当る面の段差を確認

しましたがほとんど段差がなかったし、パッドもほとんど磨耗して

いませんでしたから、オーバーホールと塗装で充分長期間使用が

可能だなあって感じでした。


IMG_0911220189_qp.jpg
      < 錆落しと磨き終わったフロントディスク >


IMG_0911220188_qp.jpg
         < 磨き終わったリアディスク >


後輪はこの後でやっぱり錆がきになって錆と黒塗装を完全に除去し、

再度マスキングテープ処理をし直しました。

先週ブレーキディスクの錆を見たときはディスクの錆落しは時間が

かかって、しかも手間がかかるだろうって思っていたんで、予想に

反して簡単にできたのでほっとしました。

ブレーキパッドが当る部分もちょっと錆がありますので、ディスク

グラインダーに紙やすり400番のディスクを取り付けて表面を軽く

磨いて錆を落としました。

脱脂後 塗装するわけですが、何色にしようか、どんな塗料にしようか

迷っちゃいました。

ブレーキ部品なんで結構熱が出そうですので、普通の塗料じゃあ

だめでしょうねえ。

でもフロントのディスクは金色でしたが、普通には耐熱塗料に金色は

ありませんから、仕方ないんでフロントディスクは耐熱の銀に、後輪は

そのまま耐熱の黒に塗装することにしました。

あんまりオリジナルのスパーダにはこだわっていないんで。

ホームセンターで塗料を購入し、夜自分の部屋でブレーキパッドの

当る部分をマスキングテープでマスキングします。


IMG_0911220193_qp.jpg
      < マスキング処理後のフロントディスク >


IMG_0911220192_qp.jpg
< マスキング処理後のリアディスク でもこの後錆落としし直し >


翌日前輪のディスクを銀に後輪のディスクを黒で塗装します。

耐熱塗装であることと1次体裁部分ではないのでかなり手抜きで塗装

しました。


IMG_0911220197_qp.jpg
        < 塗装中のフロントディスク >


IMG_0911220195_qp.jpg
        < 塗装中のリアディスク >


塗装が終わったら物置の物干し針金に吊るして乾燥させます。

耐熱塗装は普通の塗装に比べて乾燥に時間がかかるんですよねえ。

でも来週にには乾燥しているでしょうから、マスキングテープを

はがして出来上がりってことです。

ブレーキディスクがきれいになると足回りが締まって見えるように

なることを楽しみにしています。





関連記事
スポンサーサイト



シートの貼り直し | トップページへ戻る | ライトステー磨き

このページのトップに戻る

コメント

Re: おお!

友人に聞いたら バイクは耐熱塗装するほどブレーキかけないし、温度も上昇しないそうです。
普通の塗料で充分とのことでした。

車は耐熱塗料が必要とのことでしたが。

ドライヤーの熱も均一にかけないといけないようなので結構面倒ですよ。
しばらく放置が一番楽ですけれどね。

錆落しや塗装はがしはグラインダーが超役立ちました。
手でやるんだったら大変だったと思います。

エボをがんばってきれいにしてくださいね!

コメントの編集

おお!

ディスクブレーキが、
生まれ変わりますね。(^-^)V

うちのエボⅧもブレンボキャリパーが、
ご多分にもれずクリア塗装がカピカピなので、
いずれ耐熱塗装をと計画してます。

ドライヤーで強制的に加熱乾燥させるといいと、
ネットで見かけました。
車なら走っちゃえばいいんでしょうが、
バイクははずしてるので、
ドライヤーのほうが楽ですね。

仕上がりの画像が楽しみです♪
(^-^)

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る