FC2ブログ
P4230042VGA_qp_P4230042VGA.jpg

トップ  >  バイク  >  レストア_12

2009年08月11日 レストア_12

やっとバイクが走行可能になり、ナンバーを取得し、タイヤ交換もバイク屋で済ましました。

エンジンオイルの交換、オイルフィルターの清掃を済ませ、公道デビューです。

こわごわ回転を少しづつ上げていきます。
1000回転位まで問題なさそうです。
エンジンから異音もなくストレスも感じません。
速度も100km/h位なら全然問題ありません。

しかしフロントブレーキをかけるとフロントのノーズダイブ速度が速いのとノーズダイブ量が大きく
コーナー入り口ギリギリでのブレーキングだとコーナー侵入時に挙動変化が比較的大きくなってしまい、安定したコーナリングに難があります。

フォーク

普通はフォークオイルをもっと粘度の高いものに交換ですが、友人に相談したところ同じ粘度でもオイル量を増やせばフォークのダンピングが向上するとのことです。

友人がオイル持っているから来いよ! ってことで友人宅のガレージに行きました。

最初に友人がシートに座ってフロントブレーキをかけた状態でフロントフォークのダイブ量を確認して、
『そんなにダンピング不足ではないけど、ちょっと柔らかいかもね、結構ハードにブレーキかけすぎなんだね』って言われちゃいました。

フォークトップナットキャップとナットを外し、ボトムのドレンボルトを外すとフォークオイルが出てきました。

メーター_1

きれいなもんです。
左右ともオイルを抜き計量したら左右とも240ccと規定量通りです。

とりあえず280ccに増やして様子を見ます。
かなりダンピングが効いてダイブ量が減りました。
これ以上ダンピングを強くするにはスプリングの強化も必要になっちゃうので、まあこんなもんかなってことにしました。

友人宅からの帰り道で感じたのはノーズダイブ量がかなり減ったことでコーナー入り口での挙動が安定してコーナリングが良くなったことです。
コーナーが楽しい、本来の軽量バイクの良さが出てきました。

自宅に着いてからちょっと点錆が出ているフロントフォークを2000番のペーパーじっくり磨いてから
軽くコーティングして見た目とフォークのパッキン保護をしました。

見た目のまあまあに仕上がって 足回りも一応納得できるレベルになりました。
あとはしばらく乗ってみて様子を見ながら仕上げることにしました。

最初に家にSRXが来た状態からみたらまったく別のバイクに見えるほどになって満足です。
でもレストア開始から四ヶ月が経過していました。

レストアは自分と友人でしたので10万円で済みましたが、バイク屋に持っていってレストア頼んだら
多分断られたでしょうねえ。

不人気車にお金かけるなんて意味を見出すのが大変です。
直せるバイクが目の前にあって手を付けちゃったから勢いで最後までレストアしちゃったってことか、
直して早くバイクに乗りたいって一心のどちらかでしょうねえ。

でも楽しい四ヶ月で休日が来るのが楽しみでしたよ。
関連記事
スポンサーサイト



レストア_13 | トップページへ戻る | レストア_11

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る