FC2ブログ
P4230042VGA_qp_P4230042VGA.jpg

トップ  >  バイク  >  富士山五合目。

2010年05月15日 富士山五合目。


五月の連休が終わり、兼業農家である、ひでちぃは畑の草刈をしなければ

なりません。

去年の秋のすすきがそのままになっているつつじ畑のススキを刈ることに

しました。

畑はつつじの間からのびた枯れたススキがいっぱいでみっともないです。


IMG_1599_qp.jpg
 < ススキでヤブ状態になっちゃてます。 >


朝からエンジンヘッジトリマでススキを切っちゃう作業にとりかかります。

本当はススキを地面スレスレまで短く切ればいいのですが、つつじの

根っこの部分からススキが生えているので面倒なので、つつじの背の

ところで切っちゃいます。


IMG_1600_qp.jpg
 < ヘッジトリマですよん。>


ヘッジトリマを両手で持ってつつじの背ぎりぎりの高さで切っていきます。

結構ヘッジトリマを長時間持つと疲れます。

つつじが1/3くらい枯れちゃってます。

お昼ごはんを食べてススキ刈りを続けます。

10分仕事して5分休憩って感じのペースで作業を続けます。

休憩中に富士山を見ていました。

薄くもやがかかり気味ですが、綺麗な富士山を眺めていたら、五合目に

行きたいなあ!


IMG_1606_qp.jpg
 < 畑から富士山が見えます。 >


1000kmメンテした後でコーナーを攻めたりエンジンを全開に

してないし。

この日は1日畑仕事の予定でしたが、バイクに乗りたくなっちゃったら

もうだめですねえ!

よおし! 3時までに仕事を終わらせてそれから富士山に行くどう!

それからは作業のペースを上げます。

15分仕事して3分休憩です。

しかも仕事のペースも上げちゃいました。

なんとか3時に畑仕事終わりました。


IMG_1605_qp.jpg
 < ススキ刈り終了しました。 >


仕事のペースを上げたので本当に疲れました。

特に足は歩くのも嫌になるほど疲れました。

家でちょっと休憩してからおでかけの準備です。

富士山五合目はいくら下界が20度を超えていても寒いですし、もうじき

夕方になりますので、ズボン下をはいて服を2枚着てジャンパーを2重に

します。

まあこれだけ着ると暑いことまあ。

一回引いた汗がまた出ちゃいます。

早々にバイクを発進させないと汗でグッショリになりそうです。

3時半に家を出ました。

富士宮からの登山道に向って走ります。

180号線富士山スカイラインに入ります。

道路はすいています。

登り坂を全開で加速します。

今までは1000回転をめどに加速していました。

10000回転以上になるとうるさい割に加速が良くないからです。

今日は同じ感覚で加速したら、10000回転でもさほどうるさく

ありません。

今までの音の感覚だと12000回転回しちゃいました。

しかも10000回転以上の加速が今までとは違います。

やっぱエンジンオイル過多が効いていたんでしょうねえ。

今までは、250ccだからこんなもんかな?

SRX250よりは早いからいいやあ!

って思っていた感覚が吹き飛びました。

これなら400ccに迫れる加速感です。

ひでちぃがスパーダに求めていたエンジンフィーリングは

これなんですよう。

コーナーに入ります。

コーナリングでの後輪の踏ん張りがかなり違ってます。

リアショックを堅めにしたのが効いているようです。

後輪がコーナリング中にふわつく感じがなくなりました。

当然後輪のグリップもふんばりが向上しました。

以前は後輪のショックのふわつきにあわせてタイヤが少しづつ滑る感覚

だったのが、後輪が道路に食いついているような感じです。

コーナー入り口でフロントブレーキをかけます。

以前よりフロントブレーキをかけた時のバイクの車体の立ちが強く

なっています。

これはリアサスのセッティングを変えたからだと思います。

フロントブレーキをかけて減速しながらコーナーの内側に体重をかけても

バイクはそれほど寝ないのですが、フロントブレーキを放すとスッと

バイクが倒れ込むって感じです。

最初はドキッとしましたが、ブレーキの使い方と体重のかけ方を覚えれば

かえって楽しいコーナリングができます。

このコーナリングの感覚でさらにタイヤをラジアルにしたらもっと

コーナリングパフォーマンスが上がるでしょうねえ!

ラジアルに変えたらフロントブレーキでバイクが立っちゃう癖は

どうなるんでしょうかねえ?

いろいろ走行特性が変わりそうです。


IMG_1616_qp.jpg
 < 五合目の看板です。2400mです。 >


五合目まで家から35kmでした。

4時15分には五合目に着きました。

ちょっと寒いって感じです。


IMG_1629_qp.jpg
 < 五合目から上を見ると雪が。 >


IMG_1624_qp.jpg
 < 下に愛鷹山がかすんで見えます。 >


結構飛ばしたし、スパーダも調子よくなってきたんでもの凄く楽しかった

ですよう!

五合目は落石を止めるコンクリート壁の工事をしていました。


IMG_1617_qp.jpg
 < 五合目の落石対策工事。 >


ほとんど雪も残っていませんでした。


IMG_1621_qp.jpg
 < 五合目にちょこっと雪が残ってました。 >


IMG_1611_qp.jpg
 < 五合目売店を横からみると。 >


IMG_1638_qp.jpg
 < 五合目駐車場にて。 >


IMG_1636_qp.jpg
 < 富士山をバックにスパーダです。 >


でも富士山を見上げると6合目くらいからは雪がいっぱい残っていました。

約10分ほどで五合目を出発しました。

まだ五合目への登山道は凍結の恐れがあるために、夕方五時以降完全閉鎖に

なりますので、5時までに登山道区間から出ないと翌朝まで出られなく

なっちゃいます。

下り始めて気が付いたのですが、リアショックの設定変更に伴ってリアが

上がったのでライダーが以前より前傾がきつくなりました。

当然登山道の下りなどは相当な前傾姿勢になり、肘と手首で自分の体重を

支える形になりかなり疲れます。

しかも4時30分を過ぎて気温が下がり出しました。

結構寒くなってきました。

登山道区間から出て富士宮-御殿場線に出て、ここから走行ペースを

上げようとしたときに左足がつってしまいました。

朝からの畑仕事と午後のペースアップした畑仕事の疲れと足が急に

冷えたためのようです。

バイクの上で足を伸ばしたり、立ったりしてあしがつって痛いのを

こらえながら走行ペースを落として下りました。

登山道の篠坂の交差点を右折してしばらく走り奇石博物館の横にバイクを

止めて冷えた体を太陽に向けて暖めました。

体が暖まってくると足の痛みも和らいできました。

10分ほど休憩してから家に帰りました。

家に帰ってスパーダを横から見ると、確かにわずかではあるけれど後部が

上がっています。

ちょっと戦闘力がアップしたような気がするのは持ち主だからですかねえ!

足つき性は若干悪くなった感じがしますが、元々軽量バイクなんで

立ちゴケするほどの重量ではないんであまり気にならなかったですねえ。

もっとも走りっぱなしであんまり止まっていないから良く分かりません

けどねえ!

家から富士山五合目(富士宮)まで往復72kmで所要時間1時間40分

です。


IMG_1639_qp.jpg
 < 往復72km 5:15に到着です。 >


こんなに近いところに富士山があるってうらやましいでしょ?

ひでちぃの自慢はこれしかありませんから、皆さんいっぱい

うらやましがってくださいねえ!

エンジン、リアサス共に性能を引き出せてきて楽しいバイクになって

きました。

やっぱスパーダを選んで正解でしたねえ!






関連記事
スポンサーサイト



草刈ひでちぃ | トップページへ戻る | ちょっと空港まで。

このページのトップに戻る

コメント

京一さんへ。

京一さん こんちゃです。
コメントありがとうございます。
富士山今日も綺麗ですよう!
梅雨明け直後の富士山が空気が透き通って一番好きです。
京一さんまた富士山に来てくださいねえ!
草刈の合間にスパーダにまたがってちょっと富士山五合目までいけますから
いい所ですよう!
いっぱい峠があって走る楽しみがいっぱいです。
これからもよろしくです!

コメントの編集

富士山!!

いやぁ~、
やっぱりひでちぃさんとこはいいですよー!!

仕事を早めにこなす原動力にも、
富士山は効果がありますね。(^_-)☆

疲れ果てていても、
スパーダに乗る楽しさはまた格別。
手を掛けた愛馬だからこそ、
なんでしょうね!

富士山、また行きたいな~!(^-^)

コメントの編集

ぴゆうさんへ。

初めまして、コメントありがとうございます。
いつまでも大人になれない おやじガキでごじゃります。
遊び心ばっかりで現実を見てないっていつも言われてます。
ぴゆうさんもガキに戻って、かっ飛んでみませんか?
人生いっぱい遊んだもん勝ちですから。
でもお金はないよう!(悲)
これからもよろしくお願いしますねえ!


コメントの編集

No title

はじめまして、のくにぴゆうと申します。
訪問をありがとうございます。

羨ますぃ~~。
いいなぁ、いいなぁ。
私はせいぜい50でござる。
それも昔・・・悲しい。
かっ飛んでみたい。
体の底からじんじんする感覚。
友達とした二分の一の確率ごっこ。
懐かしいなぁ。
楽しかったです、ありがとう。

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る