FC2ブログ
P4230042VGA_qp_P4230042VGA.jpg

トップ  >  バイク  >  バイクメンテしました。

2010年05月08日 バイクメンテしました。


スパーダのレストアが2月に終わって、走り始めてもう3ヶ月たちました。

あの時の走行距離は3406kmでした。

今の走行距離が4637kmです。

もう1200kmも走りました。

新車でも1000km点検ってありますし、エンジンオイルの交換を

しますので簡単に自分で1000km点検をしました。

最初にエンジンオイルの交換です。

オイル点検窓から見るとオイルは真っ黒です。

しかもオイル量が多いです。

これは多分ホンダのサイトでオイル量を調べた時に2.5リットル 

フィルター交換時2.1リットル オイル交換時1.8リットルってなって

いたのを間違えて2.5リットル入れちゃったからでしょうねえ。

今になって気がつくなんてドジですねえ!

オイル過多でエンジンに負担がかかっていたんでしょうねえ。


IMG_1535_QP.jpg
 < 古いエンジンオイルを抜いてます。 >


オイルドレンボルトを外しオイルを抜きます。

おおっ! とても1000kmしか走っていないオイルとは思えません。

真っ黒です。


IMG_1546_QP.jpg
 < 抜いたオイルはかなり真っ黒の状態です。 >


レストアの時のオイル交換で抜け切れなかった10年前のオイルが混ざって

こんなになっちゃったんでしょうねえ。

オイルを抜き終えたらボレンボルトを締めます。


IMG_1538_QP.jpg
 < 新しいオイルをジョッキに1.8リットル入れました。 >


オイルジョッキに1.8リットル オイルを入れてオイル補給口から

オイルを入れます。


IMG_1542_QP.jpg
 < 新しいオイルをエンジンに注入中です。 >


オイル点検窓に綺麗な色のオイルが見えます。

オイル量はいいようですねえ。


IMG_1544_QP.jpg
 < 新しいオイルのレベルと色です。 >


これなら走行時にエンジンに負担がかかることはなさそうです。

次にチェーンの点検です。

チェーンはまったく伸びていませんでした。

かなり伸びる予想していたんで拍子抜けです。

チェーンの下に灯油が入ったトレイを置き、ウエスでチェーンを洗います。

少し黒っぽいチェーンオイルがにじみ出てきます。

それから灯油をウエスできれいに拭き取ってからチェーンルブをチェーンに

かけます。

最後にウエスでチェーンルブをきれいに拭き取ります。

こするようにきれいに拭き取ります。

どうせ余分なチェーンオイルは走行中にリアホイールに飛んじゃいますので、

きれいに拭き取らないとリアホイールはチェーンオイルだらけに

なっちゃいますから。


IMG_1553_QP.jpg
 < 清掃したチェーンです。 >


次に気になっているのがクラッチレバーを握るとちょっとキュッって音が

します。

ここにもCRC556を吹きかけた後でパーツクリーナーで古いオイルを

吹き飛ばした後でスプレーオイルを拭きかけてから余分なオイルを

拭き取ります。

クラッチワイヤーの中にスプレーオイルを注入します。

クラッチを握ったらキュッ!って音は消えて、クラッチレバーが軽く

なりました。

これは効果大です。


IMG_1554_QP.jpg
 < クラッチレバーに注油しました。>


IMG_1555_QP.jpg
 < フロントブレーキレバーにも注油しました。 >


じゃあってことでフロントブレーキ、リアブレーキも摩擦部をCRC556

パーツクリーナー スプレーオイルで軽く動くようにしました。

リアブレーキのフットペダルの動作を軽くしようとしていた時に

気が付いたのですが、ペダルが内側に入っています。

多分1~2cmくらいだと思いますが。

多分前所有者が立ちゴケしたときに曲げたのかも知れません。


IMG_1548_QP.jpg
 < 曲がっているリアブレーキペダルです。 >


ペダルに木を当てててこの原理の応用でペダルを外に曲げ戻します。

意外と簡単に曲がりました。

バイクに跨ってリアブレーキペダルを踏むとペダルの中心が踏んでる足の

人指し指になります。

以前は親指だったんで、軽くペダルを踏んでもしっかりと力が伝わります。

リアブレーキの効きが悪いんじゃあなくって踏みにくいペダルだった

のねえ!


IMG_1550_QP.jpg
 < 曲げ修正したリアブレーキペダルです。 >


次はリアサスを硬めにセッティングしようと思います。

スパーダはリアサスは1から7まで7段階の調整ができます。

見たら2になっていました。

これは柔らかい方から2番目ってことです。

調整しようとして家中の工具を探したり、代用できるものがないか

探しましたが調整リングを回せる工具は我が家にはありませんでした。

息子に聞いたら 車高調レンチって言うそうです。

ネットで調べたら正式にはフックレンチだそうです。

スパーダの後輪のショックに使うも物はファイ65から75mmくらいの

ようです。

得意のオークションで調べました。

送料込みでだいたい1900円から4000円くらいです。

どうしようかなって思っていたら息子がアストロプロダクツに行って

買った方がいいんじゃあないの?

って言うんでなるほどねえ!ってことで、急遽バイクで富士の

アストロプロダクツに行きました。

前回アストロプロダクツに行ったときにフックレンチがあるのは見て

いましたので、フックレンチがあるのは間違いありません。

アストロプロダクツに着いて美人の店員さんに、『バイクのショックの

調整にフックレンチが欲しいんだけど、サイズがはっきりとは分からないん

だけど』 って言ったら

『今日バイクで来ていますか? それだったら合うかどうか工具を当てて

確認してください』だって。

早速バイクで確認するとスパーダはファイ70mmでした。

早速買いましたが、なんと1120円でした。

安い!


IMG_1596_QP.jpg
 < フックレンチです。 安く買えてラッキーです。 >


すぐに家に帰ってからリアショックを調整します。

2から3にするとかなりリアショックが堅めになります。

でもシート高がちょっと上がっちゃいます。

しかも人が乗ってもリアサスの沈み込みが少ないので体感的にかなり

シート高が上がります。

調整を4にしたらかなりリアサスは硬くなってしかもシート高も上がります。

ひでちぃは足が短いのであんまりシート高が上がりすぎると

困ります。(笑)

しばらくはリアショックを4で走って様子を見ます。

これでコーナリングがちょっとでも良くなるでしょうかねえ!

その後灯火関係、ブレーキ関係をチェックしましたが異常は見つかり

ませんでした。

最近スパーダのコーナリングにちょっと不満があるんでこれで少しは

良くなるでしょうかねえ!

最近はスパーダのコーナリングをもっと良くしたいので、タイヤを調べて

います。

スパーダは元々バイアスタイヤの設定ですが、ラジアルタイヤを履いて

みたいって誘惑されています。

スパーダは 前が100-80-17 後ろが140-70-17 です。

でも前の100-80-17 のサイズはラジアルではありません。

ラジアルでは 110-70-17 になっちゃいます。

バイアスよりラジアルの方がスポーツ性は高いはですから。

でも価格はバイアスなら2.5万円で交換できそうなのにラジアルなら

最低3.5万円はしそうです。

でもコーナリングで負けたくない一心でタイヤ探し中です。

でもお金がないから多分早くても来年にならないとタイヤ交換はできないと

思いますよう!







関連記事
スポンサーサイト



ちょっと空港まで。 | トップページへ戻る | 富士山一周_2

このページのトップに戻る

コメント

ryo.abarthさんへ。


お久し振りですねえ!

オイル交換後5000kmですか?

お金に余裕があるときにでもオイル交換してあげてくださいねえ!

GT501ってなかなかいいタイヤのようですねえ!

ひでちぃはラジアルタイヤに乗ったことがないんでラジアル狙ってます。

GPR100かGPR200かなって思ってます。

今日も富士山五合目まで走りに行きました。

メンテのおかげで以前より好調になって、後輪のサスを硬めにしたら

コーナーが安定してきました。

学生さんがバイク持つのは大変でしょうが、行動範囲が広がって

いいと思いますよ!

頑張ってバイクに乗り続けてくださいねえ!


コメントの編集

オイル........

お久しぶりです!!

自分のスパ子ちゃんは購入してから5000kmは走ってるのですが未だにノーメンテで、
スパーダに乗る資格があるのかと言われてしまうような状況です........orz

とりあえず、今月の給料でひび割れてラインの無くなったタイヤ交換をしようと思いますww
GT501あたりがグリップも寿命も良さそうなのでそれにしようと思いますww

貧乏学生がバイクを維持するという事はかなり大変なことだと改めて感じてる今日この頃です 。

でも、手放したくはないので頑張ってコツコツ消耗品交換して行こうと思いますww

これからもよろしくお願いします(´・ω・)ノ。

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る