FC2ブログ
P4230042VGA_qp_P4230042VGA.jpg

トップ  >  バイク  >  ミニチューニング_2

2010年03月24日 ミニチューニング_2


ヘッドライトのバルブを交換してからその効果のほどを確認していないのに、

次のミニチューニングをしちゃいました。

バイクのアーシンブです。

ネットで他の皆さんのチューニングの一つにバイクのアースの強化をする

ことです。

バイクのマイナスはフレームを電線の代わりにしています。

フレームアースって言われる方法ですが、電線は銅でできています。

銅は金属の中でも電気を流し易く(抵抗値が低い)金額も比較的安く、

加工し易く、しかも自由に取り回しができるという、もの凄く電線向きな

材質です。

マイナスの電気も電線を使用すればいいのですが、マイナスも電線を使用

すると電線の束(ハーネス)の費用がかかり、ハーネスが太く大きく

なっちゃうので車もバイクもフレームやシャーシをマイナスの電線代わりに

しています。

フレームやシャーシは材質は鉄かアルミニウムです。

銅に比べると電気が流れにくい(抵抗値が大きい)。

ネジでフレーム部品同士を締め付けると接触抵抗が発生する。

異種金属同士をつなげるとイオン化したり腐食し易いって問題があります。

フレームアースを通ってバッテリーのマイナス端子に電流が戻る時、

抵抗値が大きいとフレームの電圧が上がってバッテリーのプラス、

マイナスの端子間電圧が電装品に正しく伝わらずに、電装品にかかる電圧が

下がっちゃいます。

特に電球が暗くなる、点火プラグのスパーク電圧が下がるなどの症状に

なります。

そこでライトチューニングとしてバッテリーのマイナス端子

(またはバッテリーのマイナス端子がフレームにつながっている

アースポイント)と電圧をより高く加えたい電装品の近くのフレームを

電線でつないでやるのがアーシングです。

ひでちぃは電気関係の仕事をしていますので、アース線を購入せずに自作

しました。 (と言っても簡単なものですが)

バイクを調べアーシングポイントをバッテリーのマイナス端子とエンジンの

ヘッドカバーボルトに決めました。

端子サイズも測りました。

リアシリンダーとバッテリー間のアース線は長さ50cm、

フロントシリンダーとバッテリー間のアース線は長さ90cmです。

端子はバッテリー側がR2-4 シリンダー側がY2-8です。

しかし会社にはこの端子がありませんでしたので、

R3.5―3.5 と R3.5-8で代用します。

電線は2mmスケアを使用します。

電線は2mmスケアなのに端子は3.5スケアですので、電線の被覆を

12mm剥き銅線部を折り返して端子に入れてから圧着工具で圧着します。

また4mmビスにたいして3.5mm穴径ですので丸やすりで穴径を

大きくします。

丸端子をY端子に化けさすのはニッパで先を切って使っちゃいます。


IMG_1136_qp.jpg
              < 自作アース線です >
 

バッテリーのマイナス端子のビスが短いので端子を2枚追加でビス止め

するとビスがナットに届かないので会社で代わりのビスを探します。

元のビスがM4-10ですのでM4-12を探しました。

ビスはステンレスしかありませんでした。


IMG_1138_qp.jpg
          < バッテリー側のアース線追加です >


バッテリー側にアース線を2本追加してビス止めします。

次にフロントシリンダーのヘッド固定ボルトにはめ込み締め付けます。


IMG_1140_qp.jpg
           < フロントシリンダー側のアース線 >


IMG_1139_qp.jpg
            < リアシリンダー側のアース線 >


そして最後にリアシリンダーのヘッド固定ボルトにはめ込み締め付けました。

次に、クラッチを握る時に親指と薬指と小指でハンドルグリップを握り

人差し指と中指でレバーを握るんですが、クラッチはレバーが薬指と小指に

当たるまで握り込むのですが、ツーリングで何回もクラッチレバーを握ると、

クラッチレバーが当たる薬指が痛くなってきます。

そこで最初にバイクグローブ(手袋)の薬指の第2関節のところにレザーを

小さく切って両面テープで張ってから糸で縫って使っていました。


IMG_1054_qp.jpg
         < 手袋の薬指にレザーを縫いつけました >


薬指の痛みはかなり和らいだのですが、先日片岡さんのR1を見たときに

クラッチレバーにスポンジが巻いてありました。

これはいい!

早速バイクパーツ屋で探したけれど見つかりませんでした。

じゃあってことでホームセンターで耐水ウレタンスポンジの幅6mm

厚さ5mmを買ってきて両面テープでクラッチレバーに貼り付けました。

ラバーを貼ったライダーグローブでクラッチレバーを握ってみましたが、

薬指にクラッチレバーが当たっている感触がほとんどなくなりました。


IMG_1143_qp.jpg
        < クラッチレバーにスポンジを貼り付けました >


これなら長距離ツーリングでも大丈夫な気がします。

でもレバーに巻くのと違うんでテープがはがれてきそうです。

でも後で野村君に聞いたらバイクパーツ屋にあるはずなんだけどって

ことなので、また今度パーツ屋で聞いてみます。









関連記事
スポンサーサイト



千頭ツーリング_1 | トップページへ戻る | ミニチューニング_1

このページのトップに戻る

コメント

ていじんさんへ。


コメントありがとうございます。
つまらないひでちぃのブログの記事で納得してもらっちゃって光栄です。

また遊びに来てください!

てじんさんのブログもいつも楽しみにしています。


コメントの編集

安西さんへ。

仕事が電子設計ですので工具も材料も会社にあります。
端子は JST です。
線はもっと太いですよ AWG14です。
これからはバイク最高ですよ!
もう毎週休みの日が待ち遠しいです。
安西さんもバイク乗ったら楽しいですよう!

コメントの編集

No title

皆さんアーシングしている理由ってこういう事だったんですね。
良く分かりました。

私のバイクも色々電気モノつけているのでアーシングしてみたいです。
電圧が足りないのか、HIDのサブライトが付かない事がたまにあります。

また遊びにきます。

コメントの編集

No title

自作アース線 圧着工具をもっているんですね。すごいなー。ニチフの端子かな?
線は見ていませんがAWG18 or 20番くらいなかな?
私もケーブル ハーネス中国で作っていたので ちょっと詳しいですよ~。

バイク本当にのりたーい。

今回 日本へ帰国してますが免許書持ってくるの忘れてしまいました。
よって何も乗っていません。
かなしいなー。

コメントの編集

甲府のR1さんへ。

こんちゃ!
あっちこっちいじってますよ。
クラッチレバーのスポンジは南海部品で聞いてみますね。
雪が消えたならまたみんなで富士山一周したいですねえ!
こんどは川ちゃんもメンバーで行きましょう!
一人で千頭に行ってきたよ!
いいところだったよ!
またコメちょうだいねえ!

コメントの編集

No title

コツコツと手を加えてますね。
私も過去アーシングをした経験(車&バイク)がありました。
効果があったものと無かったものと、色々でした。
やはり、年式が古いものは効果があったような気がします。
クラッチ(ブレーキ)のスポンジですが、南海部品に行けば
売ってるハズですよ。(700くらいだったような)
2本セット入りなので予備にもなります。
沼津のブルーマウンテンにも売ってたかな?
河口湖は雪がなくなってました。
また走りに行きましょう!

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る