FC2ブログ
P4230042VGA_qp_P4230042VGA.jpg

トップ  >  バイク  >  ミニツーリング_2

2010年03月10日 ミニツーリング_2


前回のミニツーリングの続きです。

十島を過ぎてスパーダは快調に走ります。


IMG_1036_qp.jpg
    < 十島駅付近を走行中のJR身延線です >


燃料コックの調子を確認したくなりました。

走行しながら燃料コックをOFFにします。

すぐには燃料切れにはなりませんが、約3分ほど走っていたらガス欠の

兆候がでてきました。

エンジンがボボボボッって感じになって、次にアクセルを開けても完全に

エンジンブレーキの状態になりました。

燃料コックのOFFはしっかりと機能しているようです。

止まってから燃料コックをONにして30秒くらいしてからスターターを

プッシュします。

最初はセルが回るだけでしたが、10秒くらいでエンジンがかかりました。

燃料コックを予備タンクに切り替えて機能を確認したかったのですが、走行

しながら確認する方法が分かりません。

これは家に帰ってから燃料コックがONの状態で燃料をキャブから抜いて、

エンジンを停止させてから、ガソリンタンクに1リットルくらいガソリンを

入れて、燃料コックをONでエンジン始動がしないことを確認してから、

予備タンクに切り替えてエンジンがかかることを確認するしかないで

しょうねえ。

なぜこんなことを考えるのかって?

それはSRX250に乗っているときにガソリンコックの不調でONの

状態で予備タンクの分のガソリンを使い果たして予備タンクに切り替えても

ガソリンが残っておらず、完全なガス欠になってもの凄く困った経験が

あるからです。

バイクってガス欠になるとガシリンスタンドまで押すしか方法が

なくなっちゃうんですよねえ!

押す時の重いことったらないですよねえ!


IMG_1025_qp.jpg
         < 道端で一休み中です >


やがて芝川町に到着しました。


IMG_1042_qp.jpg
         < JR身延線芝川駅です >


このころは雨は上がっていてバイクもひでちぃもそれほど濡れていません

でしたので、このまま直接家に帰るんじゃあ寂しいので、富士に行って

東名高速道路の富士川サービスエリアのところに一緒にある富士川楽座に

行ってちょっと遅い昼食にして家におみやげでも買って帰ることにしました。

芝川から富士はすぐ近くですから。


IMG_1044_qp.jpg
           < 富士川楽座ですよう >


10分ほどで富士川楽座に着きました。

富士川楽座に着いたときは小雨が降り始めていましたが、おなかが

すいたしそれほど雨がひどくなりそうでもなかったので、バイクを駐車

して富士川楽座に入りました。

富士川楽座は内部で富士川サービスエリアとつなっがています。


IMG_1048_qp.jpg
        < 富士川楽座の東名高速側 >


富士川サービスエリアに入って昼食をなににしようかなって思って店を

眺めていました。

富士宮やきそばが売っています。

昼食は富士宮やきそばに決定です。

自動販売機でペットボトルのお茶を買って来てから富士宮やきそばを

買って、ベンチで食べます。


201002271353000_qp.jpg
      < 富士宮やきそば いただきます >


普通の焼きそばよりこしが強くってシコシコしています。

なかなかおいしいですねえ!

あっという間に完食です。

まだおなかがすいています。

ベンチの横を見るとパン屋があります。

中に入ってパンを見ているとメロンパンが目に付きました。

さっそく購入してさっきのベンチで食べます。


NEC_0086_qp.jpg
      < メロンパンもいただきます >


こっちもおいしいです。

メロンパンも食べ終わったので家へのみやげ探しです。

いろんな店を覗いて物色します。

まる天のかまぼこがおいしそうです。

しかもいろんなものが入って種類が豊富です。


201002271402001_qp.jpg
       < まる天のたこ天 おいしいよう >


たこ好きの我が家にはたこ天を買って帰ろうと思います。

当日はバイクに荷物を積むネットも持っていませんでした。

あるのはウエストバックだけです。

なんとか3枚くらいだったら入りそうです。

たこ天を3枚買ってウエストバックの中を整理してなんとか入れました。

店の外に出ると雨が小雨ではなく普通の雨になっちゃてます。

もう雨の中を走るのを覚悟するしかないようです。

駐車場のバイクに戻ってみると、シートまでぐっしょりと濡れています。


NEC_0089_qp.jpg
< びっしょり濡れたスパーダです >


あきらめてバイクにまたがってエンジンを始動します。

走り始めたら雨がどんどん強くなってきました。

でも雨がやむ雰囲気の空模様であはないのであきらめてそのまま走行

します。

雨の中で道路の白線やマンホールの上を走らなければならない時も

あります。

以前のSRX250ではかなり神経質に走らなければタイヤが滑り出し

怖かったのですが、今回はタイヤがあんまり滑りません。

でも過信は禁物です。

白線やマンホールの上でのブレーキや加速、そしてコーナリングは避け

なければいけませんねえ!

気を付けなければその内に大きな事故を起こしちゃうかもしれませんねえ!

家に着いたときはジャンパーはグッショリ、Gパンもグッショリ、

スニーカーの中は水びたしです。

家に入って着替えてから、ヘッドライトの光軸調整をしてからボルトの

固定をしました。

濡れたバイクにご苦労さんって気持ちで雨水をきれいにふき取ります。

全 走行距離118Kmでした。

今までの短い試験走行では出てこなかったいろんな問題が発生しました。

特に冷却系のオーバークールは直さなきゃあなりません。

いろいろ調べてから修理方法を決めます。

最後は雨になっちゃってグショ濡れでしたが、暖かい1日でしたので、

濡れたわりには寒くなかったですよ!

でも雨の中も走ったってことはタイヤの問題も含め走行距離以上の収穫が

ありました。

雨の中でもタイヤのグリップがある程度あるってことは長距離ツーリング時

の雨にもあわてる必要がないってことですから。

なんにしても無事走行して、無事帰ってこれたことにスパーダに感謝です。

スパーダ君ありがとうねえ!











関連記事
スポンサーサイト



友人とツーリング_1 | トップページへ戻る | 初ミニツーリング_1

このページのトップに戻る

コメント

ggさんへ。

友人さんが静岡にいるんですか?
それでこっちまでくるんですね!
ひでは静岡の手前ですよ。
隣の富士市です。
こっちにくる時は連絡してね!
会っていろいろ話たいですねえ!
高速料金はどうなるんでしょうねえ?
ちょっと道路行政が不安ですねえ!


コメントの編集

通過点です

友達が静岡市内に居ますので遊びに行ったときに立ち寄ります。
東北地方から高速1000円が無くなるとちょっとキビシイですけれども
もう少し暖かくなったら行こうと思います。

コメントの編集

ryo.abarthさんへ。

ryo.abarthさん コメントありがとうございます。

ひでは安い運動靴です。

ちょっと寒いですがへたなライダーブーツより靴底が柔軟性があっていいですよう!

雨の日はびっしょりですが。

シフトペダルの位置も重要ですよね。

趣味であれば、雨の日は乗らない方がいいですが

急に雨になった日はそんなこと言ってられないんで、

雨でもしっかり操縦できるように準備しないといけないですよねえ!

以後よろしくお願いします!

コメントの編集

ggさんへ。

こんばんわ!

オーバークールの原因追求方法を調べましたが、今度の土日は用があって

バイクいじれそうにありません。

また別の日に調べます。

富士川楽座でおいしいものを食べてくださいねえ!

ってことは富士に近いところにお住まいですか?

コメントの編集

初コメです!

雨の日は怖いですよね......
白線やマンホールの上で滑るのはモチロンのこと
オイラは靴が悪いせいなのか、ステップに乗せている足が滑ります(°A°;)

雨の日に乗っていて、少し踏ん張ったらステップから足が滑り落ち
そのままシフトダウンしてしまって、リアが一瞬ロックして尻振り状態に.......orz

雨の日は極力乗らない方が良いのかなぁ.....(´・ω・)

コメントの編集

お久しぶりです!

ひでちぃさん こんばんは!

富士川楽座 私もまたすぐ訪れそうです
それが楽しみです

SPADAだんだんと不具合が無くなっていくようですね
オーバークールですか原因早くわかると良いですね

コメントの編集

神楽坂あすにゃさんへ。

そうなんだよねえ!
あれ結構怖いんだよねえ!
あと道路の工事で鉄板を道路全体に張ってあるところ、特に地下工事
の時が逃げようがなくて、雨降っていたらどうにもならないよねえ!
バイクは道路状況の影響をモロに受けるからねえ!
くわばら!くわばら!

コメントの編集

No title

わたしも経験がありますが、カーブの「ここ」ってところに、
わざとのようにマンホールがあったりするのですよね
あれは、絶対バイク無視の道路構造だと思います。
知らない道だと、ホント怖い

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る