IMG_1001240678_qp_20101027234139.jpg

トップ

2017年07月29日 乗用草刈り機で草刈


今年も梅雨が開けて草刈に追われています。
乗用草刈り機を購入して2年目です。

刈払い草刈機に比べて5~10倍の能率で体力も消耗せずに草刈ができます。
昨日も家の周りの草刈をしました。

機械ものは野ざらしにすると錆びであっと言う間にだめになってしまうので、乗用草刈り機はサイクルハウスに収納しています。


P7290017vga.jpg
 < サイクルハウスから乗用草刈り機を出しました。 >


ガソリンは無煙レギュラーでタンクは12リットルです。
ガソリンは20リットル携行缶で保存していますので家で簡易ポンプで補給します。


P7290018vga.jpg
 < ガソリンメーターです。 >


半分ほど入っているので今日の草刈作業はもつでしょう。
普通の乗用車では走行距離でメインテナンスをしますが、乗用草刈り機は乗用車の走行距離に相当するのが稼働時間メーターです。
稼働時間によりメインテナンスをします。


P7290020vga.jpg
 < 稼働時間メーターです。 >


ひでちぃの乗用草刈り機は (株)やまびこ の RM951K と言う型式でエンジンは川崎製V型2気筒600ccで18馬力です。
駆動方式はデファレンシャルギヤを介してのリヤタイヤでの2輪駆動です。
最近は4輪駆動も増えています。
畑で使う性格上4輪駆動は2輪駆動とは比べ物にならないほどの駆動力があります。
ひでちぃの乗用草刈り機には後輪のデファレンシャルをロックするデフロックレバーがついています。
運転席の下に草刈用の刃が高速回転をしています。
草刈り刃はエンジンからベルトでダイレクト駆動です。
刃は地面からの高さをレバーにて10mmから70mmで調整が可能で、刈刃の回転をクラッチにて回転と回転停止を選択できます。


P7290031vga.jpg
 < 運転席左側のレバー類です。 >

運転席左側のレバーは写真の手前のレバーが刈刃高さ調整、奥のレバーが刈刃クラッチです。

走行はオイル式でエンジンの回転でオイルを動かしてオイルの力でタイヤを回転させる方式です。
オイルの動きを逆にすることでバックもできます。
車のギアチェンジに相当する部分はありません。
速度調整はオイルの流量を変化させて行います。
エンジンのアクセルは半固定式でレバーで行います。
力が必要な時はアクセルを開いてエンジン回転を上昇させます。
運転感覚は車とはちょっと違います。
ちょっとした慣れが必要です。


P7290032vga.jpg
 < 運転席右側の操作レバー類です。 >

運転席右側のレバーは、後ろの赤い小さなレバーがデフロックレバー、長い赤いレバーが前進、後退の切り替えと走行速度調整レバー、一番前の黒いレバーがアクセルレバー、アクセルレバーの奥の黒いレバーがチョークです。

タイヤが畑用ですので駆動力がかなりあります。
この駆動力を使って畑の中でいろんなものを牽引できるように後部に牽引用フックを着けました。


P7290024vga.jpg
 < 牽引用フックです。 >


牽引用フックにロープをかけて畑で切った木を軽々と引っ張ることも可能です。
これってなかなか働いてくれます。
今までだったら人力で引っ張っていたんですから。


P7290030vga.jpg
 < 運転操作ペダル類です。 >

右の大きなペダルが前進、後退の切り替えと走行速度調整ペダルです。
運転席右側の 長い赤い走行速度調整レバー(前進、後退の切り替えと走行速度用)と同期しています。
ペダルとレバーのどちらでも操作できます。
走行速度調整ペダルの手前がブレーキペダルです。

左側の小さな金属突起はブレーキを強く踏み込んでから操作すると、ブレーキがかかったままになります。
つまり駐車ブレーキです。

説明が悪いからなかなか理解できないかな?(笑)

草刈の話に戻ります。

草刈り機を畑に移動させました。


P7290022vga.jpg
 < これから草刈をするぞう! >


草刈りを開始しました。
夏草は草が強いのである程度アクセルを開けてエンジン回転を上げないと草がなかなか切れません。


P7290025vga.jpg
 < 乗用草刈り機の運転席からの視界です。 >


乗用草刈り機は前進して草を押しながら倒して機械の下に引き込んでから回転している刈刃で切っています。


P7290027vga.jpg
 < 草を押しながら引き込んでいる乗用草刈り機のフロントです。 >


切った草は乗用草刈り機の右側面と後ろから排出されます。


P7290028vga.jpg
 < 乗用草刈り機の後方には刈れた草が出ています。 >


乗用草刈り機にボトルホルダーがついてるのが見えますか?
夏の暑い日に草刈に夢中になって熱中症にならないように自分でつけました。
なかなかのアイデアでしょ?
今刈ってる畑は25m x 20m の畑ですが通常の刈払い草刈り機では1日から2日で約10時間ほどかかりますが乗用草刈り機では1時間半くらいです。
しかも体力はほとんど使いません。


P7290029vga.jpg
 < 草刈り中の草刈機後方の風景です。>


刈刃が少しへたってきているのであまりきれいにできませんでしたが、こんなもんでしょうか?


P7290033vga.jpg
 < 草刈の終えた畑です。 >


今日はこの他にもう1枚同じ程度の面積の畑の草刈をしました。
乗用草刈り機は石の多いところでは石を飛ばしたり、刈刃が欠けたりするので事前に石拾いが必要です。
畑の際には障害物が多いので際刈りが必要です。
際刈りは刈払い機にナイロンコード刃を付けてするのですが、これは体力を使います。
でも畑すべてを刈払い機で刈っていた3年前から比べたら比較にならないほど楽になりました。
高かったけど思い切って買って良かった。
うちの村でもひでちぃ以外に3台の乗用草刈り機があります。
みんなモデルは違うけど。
みんな草刈には苦労しているんですよ。

きれいに整備された里山は自然になるのではなく、農家の苦労のたまものなんですよ。
キャンプに行って自然の中で過ごすのは楽しいと思うけど、自然の中にゴミを捨てないようにしてくださいねえ!
草刈中に空き缶が飛んで体に当たると凄く痛いし、捨てられたゴミを集めて片づけるのも結構大変なんですよう!





スポンサーサイト

このページのトップに戻る

2017年06月24日 梅雨最中の更新


またまたブログ更新をさぼって2か月です。

5月以降は草刈に忙しくてバイクにほとんど乗れてません。

日曜日に草刈をすると月曜日の仕事では疲れきってしまうので、土曜日に草刈をして日曜日にバイクに乗るって考えでしたが、土曜に草刈をすると腰、背中、肩、腕が疲れてしまって、日曜日になるとバイクに乗る気にならないのです。

前回の更新からバイクに乗ったのは草野球の試合で球場の往復だけです。

今日は2週間さぼっていたバイクの補充電用のエンジンかけをしました。


P6250036vga.jpg
 < 補充電中のYZF-R6です。 >


いつも補充電でエンジンをかけているので、エンジンのかかりは絶好調です。

YZF-R6の補充電中にVT250スパーダの汚れたシートをきれいにしました。
前々回の更新でスパーダの写真を載せましたが、自分でその写真を見てあまりに汚れていたので。
汚れはタオルの水拭きであっさりときれいになりました。


P6250034vga.jpg
 < シート清掃をしたスパーダです。 >


30分くらいYZF-R6の補充電をしてから、畑に植えているブルーベリーの様子を見にいきました。

鈴なり状態に実がついています。


P6250025vga.jpg
 < 鈴なり状態のブルーベリーです。 >


毎日会社から帰るとブルーベリーとリンゴの木に水やりをしています。
リンゴはまだ実が成らないのですが、ブルーベリーは実がついて3年目です。
かなりの量の収穫ができます。

ブルーベリーは目にいいって聞いたから植えたんだけどねえ。

今年はまだ実は色づいていません。


P6250026vga.jpg
 < まだ真っ青なブルーベリーの実です。 >


今日は雨なので水やりはしません。

それからビワの木の様子を見にいきました。
ビワの木はもう30年以上実をつけています。


hpc_1vga.jpg
 < 細長い実のビワです。 >


家にはビワが2種類あって細長い実をつける種類の木と丸い実をつける種類の木です。
味もかなり違います。

細長い実の方は実が少し大きめで酸っぱみが少し薄くて甘い味がします。


P6250037vga.jpg
 < 丸い実のビワです。 >


丸い実の方は酸っぱみが強くて味も濃いです。
酸っぱみが強いのでしっかりと熟さないと甘味も強くなりません。
そして木全体にびっしりと実がたくさんつきます。
 

P6250038vga.jpg
 < びっしりと実がついています。 >


本当は実の剪定をすればもっと大きい実がなるんでしょうけど。

ブルーベリーの水やりをした日は色づいたビワを採って畑で食べるのが日常になっています。
実がしっかり熟す少し前から食べ始めるには訳があって、実がしっかり熟すころには猿が来て一晩で全部食べて行ってしまうからです。

ところで野球の方は全7試合中4試合が終わって4連敗中です。
しかも全試合10点以上失点しています。(笑)
この調子では今年は0勝全敗もあるかもねえ!
なんとかならんのかよう!(笑)


このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ